堀内水産の歴史

堀内水産 後志国盛業図録より
堀内水産 後志国盛業図録より

堀内家は安政の頃に近江から松前(江差)に渡り、鰊漁の網元として八丸の屋号を用い、鰊建網および廻船問屋を営んでおりました。

鰊漁の北上に従って当地(小樽市塩谷)に移り、以来約百年間に渡り鰊建網を業として参りました。 八丸の名は「鰊御殿」「忍路郡郷土誌」など、北海道鰊漁業の歴史に関する書籍にも記載されております。

もっこ
にしん場の網元の頃使用していた道具「もっこ」
にしんをこの箱に入れて背負い運びます。

早春の鰊漁期には、道南、東北各地方より多数の漁夫(ヤン衆)が当地に渡って来、その漁夫たちの土地土地の食品が融合し、 独特の食文化が創られるようになったのです。

往時より前浜で獲れる豊富な魚を原料とした、味、栄養および保存に優れた種々の食品の製法が伝わっておりますが、 その中でも飯寿しは、最高の酒肴、ご馳走として、またお正月料理には欠かせぬ一品となっておりました。

当家にも代々伝えられた独特な飯寿しの製法があり、その飯寿しを食べられた多くの方々からのお褒めの言葉、 ご推奨により商品として売り出すようになりましたのが「八丸印 飯寿し」の始まりです。爾来皆様のご愛顧により、今日に至っております

食材の自然の旨味を生かしながら、現在におきましても伝統の味付けは当主自ら行っております。 また豊富な経験に基づきました、安心安全な製品を、自信を持って全国の皆様にお届けしております。